ryu777.com

アラフィフからのダイエット・健康生活や家庭菜園、登山・アウトドア、映画・音楽 、たまに出てくる猫と絵の雑記です

元気になる歌詞・その2 ~矢沢永吉 3選~

f:id:ryupen:20190607184406j:plain

2019年7月3日 修正し再投稿しました。

 

 6月9日は、ロックの日ということで、

日本ロック界のカリスマ、矢沢永吉さんをとりあげさせてもらいます。

 

 音楽での数々の金字塔、ライブスタイルの洗堀者(ライヴハウス→ホール→アリーナ→スタジアムと、バンド時代からライヴ会場をステップアップさせたロックミュージシャンの元祖は永ちゃんだと思う) そして、最近でも、完全電子チケット販売で転売などを防ぐ取り組んでいるのも流石。

 もうすぐ、70歳だが、昨年のライブで、「こうなったら、やれるところまで、やっちゃおかなー!」と叫んでくれてました。そして矢沢永吉が贈る一夜限りのフェス「ONE NIGHT SHOW 2019」が、7月6日(土)に幕張メッセにて開催されます。

スゴイ!永ちゃん!!

 

 永ちゃんの歌は、ラブソングが多いですが、

 著書『成りあがり』、『アー・ユー・ハッピー?』にあるように、

その生き方に魅力されているファンは、多いのではないかと思います。

 栄光と挫折を経験し、負けてたまるか!もしくは負けても、また這い上がり復活する姿を歌を通してファンに見せつける永ちゃん

 

 私が、たしか中学生の頃、当時のNHK教育テレビ「YOU」、「若い広場」に永ちゃんが出演して、熱く語っている姿をみて、「そーだよなー、永ちゃんが言うんならそーだよなー!」と

学校で習うことより、永ちゃんの言葉が身に染みていたような気がします。

 

  たしか高校生の頃、初めて買った、永ちゃんのLPレコード、

『ザ・グレイト・オブ・オール(1975-1979)』(ソロとして初めてのベスト盤)

を聴きまくりシャウトました!

 

 

                                                                                             

  そんな、永ちゃんの1ファンが選ぶ、元気になる歌詞を3選、紹介させてもらいます。

色々、意見や感想があるかと思いますが、あくまでも、私的に選んでいますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

  1.止まらないHa~Ha

作詞ちあき哲也 作曲矢沢永吉

1986年アルバム「東京ナイト」収録

   

 

 この俺に とり憑いた
悪魔でも 天使でも Baby Wanna Rock'n Roll
吐き出せよ 思いきり
気がすむまで 今夜は Rock'n Roll
魂に 身をまかせ
むかつきを いらつきを Baby Wanna Crazy Night

 

 

たりないぜ Ha~Ha
乗りがまだ Ha~Ha
Feelin' Comes… Feein' Comes…
Feelin' Comes To Me
絡みつくような 鎖なんて すてちまえ」

 

 

 

 約25年前、念願の武道館ライブに行ったとき、

タオル投げで、色とりどりのきれいな雲の中にいるような光景は、いまでも鮮明に覚えています。

 

個人的には、「吐き出せよー♪」のところが、嫌なことなんか、吐き出して忘れちまえ!と言ってくれているようで心に響きます。

 

 

 

  2.黒く塗りつぶせ

作詞西岡恭蔵 作曲矢沢永吉

1977年アルバム「東京ナイト」より4thシングルカット

 

 

「そうさ朝から晩までNight & Day

いつも 働きっぱなし

まるで犬ころみたいさNight & Day

なのに文無し Night & Day

 

シャクな 金持ちどもを

みんな 黒く塗りつぶせ」

 

 

 

 

  3.鎖を引きちぎれ

 作詞山川啓介 作曲矢沢永吉

1978年 アルバム「ゴールドラッシュ」収録

 

 

  

 「鎖につながれて お前は生きるのかい

夢が やせちまうぜ

あきらめた顔のまま 老いぼれてしまうのかい

汗も流さないで」

 

 

  

いろんな意味での鎖を引きちぎり、

 何歳からでも、やり直せる!!のではと。

 

 

 

www.ryu777.com

 

 

www.ryu777.com

 

 

www.ryu777.com

 

 

2019年7月3日 修正し再投稿しました。

 下書きに戻したら、コメント、☆、が消えてしまいました。

付けて頂いた方ごめんなさい(>_<)