ryu777.com

アラフィフからのダイエット・健康生活や家庭菜園、登山・アウトドア、映画・音楽 、たまに出てくる猫と絵の雑記です

元気になる歌詞 その1~RCサクセション3選~

f:id:ryupen:20190601192028j:plain  

忌野清志郎

 

この記事は、 2019年7月3日 修正し再投稿しました。

  

 

 

 

私が高校生の頃、突然ラジオから、

 

 

「ウー、授業をサボってー♪、イェ~イ♪」

とか

「授業中、あくびしてたらぁー♪ 目が小さく、なっちまったぁーーあーーー♪」

とか

「あー、うまく言えない、こんな気持ち♪」

 

と、心地よいビートに高音な声を乗せて、

RCサクセションの曲『トランジスタラジオ』(1980年)が飛び込んできました。

このノリのイイサウンドと、青春の情景が浮かぶ歌詞に、すぐ虜になってしまいました。

 

初期のフォーク時代から、パンク・ロックと言われる時代のアルバムを聴きまくり

多摩蘭坂』や『エンジェル』、『スローバラード』、『ラプソディー』で

独りの世界に入り

『ロックンロール・ショー』、『雨上がりの夜空に』や『キモちE』

『ドカドカうるさいR&Rバンド』でシャウト!

したものです笑

 

『宝くじは買わない』(デビュー曲、1970年)は、

いまだに車の中で、アカペラで歌ってます(笑)

 

 

 

 

RCサクセションの名曲は多々ありますが、

私的に、明日、元気になる為の曲 3選を紹介させてもらいます。

 

 

1.わかってもらえるさ(1976年)
 収録アルバム  EPLP
作詞  忌野清志郎

  

 

「この歌の良さが

 いつかきっと君にも

 わかってもらえるさ
いつか そんな日になる ぼくら何もまちがってない

 もうすぐなんだ」

 

 

RCサクセションが不遇の時代に生まれた名曲です。

この歌の~のところを、人それぞれの言葉に置き換えると・・・

いつか分かってもらえる・・・


真っ直ぐで純粋な言葉だなと。

 

 

 

 

 2.君が僕を知ってる(1980年)

 収録アルバム  EPLP

作詞  忌野清志郎

「雨あがりの夜空に」のカップリング曲。

  

 

「今までして来た悪い事だけで

僕が明日有名になっても

どうって事ないぜ まるで気にしない

君が僕を知ってる」

 

  高校生で、すでにプロになっていた頃の、清志郎とファンの歌だそうです。

相手に対して全幅の信頼を寄せるということにおいて、この歌は、ただのラブ・ソングではないと思います。

 

チャボ(仲井戸麗市、ギター)と

RCサクセション活動休止以降、忌野と仲井戸が共演する際には二人の関係を象徴する曲として必ず演奏されていました。

 

 彼氏彼女、家族、友人知人、ペット、etc・・・

一人でも誰か僕のことを知っていれば、

どうって事ないぜ!

まるで気にしない!

 

 

 

 

 

 #3 シュー(1972年)
収録アルバム  初期のRCサクセション
作詞  忌野清志郎

 

 

「烏合の衆 衆 衆・・・

たまには一人で何かやってみろよ 

いつでもみんなと いっしょなんだね
一人じゃなんにも言えないけれど 

今はみんなと いっしょだもんね」

 

 

今でもイラッとすると、時々この曲を思い出します。烏合の衆。
みんなと一緒なら怖くない。団体行動、右へ倣え。太鼓持ち

 

シュ、シュー――――ッと叫ぶと少しすっきりします(笑)

 

 

 

 

おまけ

#4 イマジン(1988年)
収録アルバム COVERS
作詞  ジョン・レノン  忌野清志郎

 

 

「天国は無い 

ただ空があるだけ 

国境も無い 

ただ地球があるだけ
みんながそう思えば 簡単なことさ」

 

簡単に訳すと「小さなことから想像して、皆が同じ想いを共有すれば平和になれるよ。」といった内容の曲です。
清志郎は、シンプルな日本語の言葉で、見事に表現し伝えています。
世界的に有名な曲を手掛けて、尚その意味を損なわぬようにしていますね。

感動。

 

 

 

  

清志郎がいつも言っていた言葉です

 

「愛と平和!」

 

 

 

www.ryu777.com

 

 

 

www.ryu777.com

 

 

2019年7月3日 修正し再投稿しました。

 下書きに戻したら、コメント、☆、が消えてしまいました。

付けて頂いた方ごめんなさい(>_<)