ryu777.com

アラフィフからのダイエット・健康生活や家庭菜園、登山・アウトドア、映画、たまに出てくる猫と絵の雑記です

元気になる映画の名セリフ・その1~ボヘミアン・ラプソディ~

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』(クイーンのフレディ・マーキュリーの物語)が、ロングランされました。

 私は、3回観ました(^O^)   とにかく良かった!

エンドロールでは号泣しました。

誰もすぐ立たなかったのを覚えています。

 

個人的感想は、

観ているうちに、主役俳優のラミ・レックが、だんだん本物の、フレディ・マーキュリーに見えてきたのと、圧巻な、ライブエイドの21分間はもちろんだが、

 イギリス国民の、ほとんどの人が歌えるという、

名曲「ボヘミアン・ラプソディ」の制作シーン、

 

 全米第1位になった「地獄へ道ずれ」と「WE WILL ROCK YOU」の誕生シーン、

 デビットボウイとの共作「アンダー・プレッシャー」が流れてきたシーンが、

カッコよかった!

 

 

 

 また、小さなシーンだが、弁護士マネージャーのジム・ビーチ(トム・ホランダー)が、

   「幸運は、勇者に味方する」と言ったセリフ。

 

 そして、ジムが、ライブエイドで、クィーンの出番のときに、ソ~と、ボリュームを上げるシーン。

 あと、ライブエイドの出演者を、クィーンのメンバーに伝えるシーンでの、

ジムの渋い声が好きだ。

 

 

「WE ARE THE CHAMPION(伝説のチャンピオン)」の和訳が、

いろいろと書かれているが、YouTubeでみつけた、

 

           No time for losers

      `Cause we are the champions - of the world

           敗者になっている暇はない

  だって、俺たちが、世界の勝者なのだから

 

 という歌詞が心に響いている・・・

 

 

 

 

11月に1回目を観た後

今の時代音楽配信が当たり前だが、

あえて、解説が入っているベストCD が、欲しくて取り寄せ手配をしたら、2か月待ちだった。

 やっと届いたと思ったら、解説も歌詞も全部英語でした( ;∀;)

 

 

 映画の続編の話もでているようで・・・