ryu777.com

アラフィフからのダイエット・健康生活や家庭菜園、登山・アウトドア、映画、たまに出てくる猫と絵の雑記です

白山登山2 ~初心者一泊二日にて~登山での歩き方

2019年6月3日 登山での歩き方を追記更新しました。


前夜、山小屋30人部屋で、20:30消灯
となりの方の耳元でのイビキ攻撃に耐えられず、外のトイレに行ったら
星が、とても近くに、たくさん輝いていた☆

朝3時に起きて、ご来光を見るために準備をする
ヘッドランプをつけ、まだ暗い登山道を、頂上目指して、行列で登る
少しワクワクしてきた。



頂上にある白山比め神社奥宮に着いた

そして雲海が、ほのかに染まりだす
北アルプスの山々の山頂が見える、360度パノラマ。





神主さんの号令で、全員で、
バンザ――――――――イ\(^o^)/


頂上からの室堂と景色

御前峰(ごぜんがみね)頂上をあとにして、火口などがある、お池めぐりコース(2時間弱)で下山していく

まさに、自然そのものが残されている






室堂に戻り、朝のコーヒーを飲み、下山しはじめる
お花畑の多い観光新道で下りる。天気がイイ♪
馬のたてがみと呼ばれる急坂は、花一面で素晴らしかった♫

ハクサンと名前のつく花だけで159種類あるそうだ(^.^)
ここにテントを張って、『岳』の島崎三歩のように暮らしたい(^O^)











白山に行けてよかった

いろんなことに感謝したい。


f:id:ryupen:20190531185433j:plain




家に戻ったら、なぜか体重が増えてた・・・・(?_?)

www.ryu777.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登山での歩き方

登山での歩き方に気をつければ、疲れにくくなり、さらに怪我にもなりにくくなります。

ポイントは姿勢、ゆっくり歩く、歩幅を小さくです。

姿勢は、体に真っ直ぐな線を作りながら、膝をあげて歩幅を小さくして歩きます。なぜ膝をあげるかというと、小枝や、石などでつまづき怪我、滑落をしてしまう可能性があるからです。

ゆっくり歩くまっすぐな線を作りながら、重心移動によって前に歩きます。重心移動のみで前に歩くため、無駄な筋肉を使わずに歩くことができ、そのため、疲れづらくなります。さらに、なるべく足を開いて左右にブレないように歩く必要があります。こうすることで足首への負荷も少なくなります。

小さい歩幅で歩く、前足のかかとから後ろ足のつま先が一足以内になるような小さな歩幅で歩きます。そうするとバランスが良くなり、無駄な筋肉を使わなくて済みます、さらにゆっくり登り、呼吸が乱れないように登ることも大事なことです。

基本的には下りも上りと変わりません、ただ足は開かないで、しっかり足全体で歩き、後ろ足に重心を置いて歩くのみです。そうすることで、膝への負担が少なくなります。